誹謗中傷対策の手引き  > 会社がすべき風評被害対策とは?

対策を知ることが大事

会社がすべき風評被害対策とは?

誰でも簡単に情報を発信できる今のネット社会は、大変便利ではありますが、同時に根拠がなくても、簡単に情報が広まってしまうなどの怖さもあります。匿名であるがゆえに、無責任な情報を、感情的に発信する人たちも多くいます。

しかし、そのように無責任に発信された情報は、特に企業を経営している人にとっては、死活問題ともなりうる切実な問題です。いつ自分の会社に風評被害が降りかかってくるかと心配している経営者の方も多いのではないでしょうか。

自社に非がなくとも被害は拡大してく

自分の側に非があるなしに関わりなく広まってしまうのが、風評被害の恐ろしいところです。対策が遅くなればなるほど、風評被害は大きくなっていくものです。

問題が実際に起こってから、慌てるのではなく、事前にしっかり対策を立てておくことは、問題を早急に片付け、被害を最小限に抑えるのに役立ちます。具体的にどのような対策をできるか考えていきましょう。

そもそも「風評被害」とは?

調べてみると、「風評」つまり世間からの評判や根拠のないうわさによって受ける被害のこととされています。よくあるのは会社の商品やサービス、職場環境に関する悪評です。これらの評判は会社に大きなダメージを与えます。

一度書き込まれた情報は、あっという間に拡がってしまい、それを取り消すことは簡単ではなく、完全に削除するのはもはや不可能です。ではどのような対策ができるのでしょうか。

どんな対処法があるの?

実際に誹謗中傷が書き込まれた場合の対処は、書き込まれた場所によって変わってきます。しかし大まかな対策としては、まず、書き込まれた誹謗中傷を管理者に依頼して削除してもらうことがあります。

また、逆SEOといって、別なサイトを作成し、特定のワードを検索した際に、誹謗中傷の書かれたサイトを上位に表示させないようにする方法があります。

他にも、対象となる関連検索キーワードを削除し、検索サイトで検索した場合に表示されないようにする方法もあります。さらに、よっぽど悪質な場合には、書き込み者を特定し、刑事告訴や損害賠償請求などの法律的行動を起こすこともあります。

自社で対策出来るものなの?

しかし、本来の仕事の傍らに会社内で対応するのは困難です。ですから専門業者である対策会社や弁護士に依頼をするのが良いでしょう。実際に問題が起こってから適切な対応をしてくれるところを探すのでは、対策は遅くなってしまいます。

事前に依頼するところを決めておきましょう。さらに、普段から風評監視サービスを用いて、早い段階で発見し、対策できるようにしておくのは賢いことです。


関連する記事:

対策会社に聞いてみた
メニュー