誹謗中傷対策の手引き  > ブログで誹謗中傷されないための対策とは?

対策を知ることが大事

ブログで誹謗中傷されないための対策とは?

ブログで炎上しないために

有名人だけではなく、いまはいろいろな人が利用しているブログ。普段の生活から、趣味などの情報をネット上でシェアします。ブログ更新をしたり、それが多くの人に閲覧されれば、副収入にもつながるのがブログです。

芸能人、有名人など、個人名を晒してブログを書いている人は別ですが、ほとんどの一般人のブログでは、あまり個人名でブログを書かれていることはありません。

個人や法人が特定される写真や情報がアップロードされれば、ブログを書いている本人が知らないところで個人の特定をされたり、誹謗中傷の的になってしまうこともあるからです。

本人はまったくそんなつもりはなかったのに、知らず知らずのうちにそうした誹謗中傷に巻き込まれてしまったら、せっかく楽しいはずのブログが台無しになってしまいます。

そんなブログ被害にあわないためには、どういった対策が必要なのでしょうか。個人、法人を問わず、ブログが被害にあわないための具体的な対策などもないことはありません。

まずは匿名のブログに掲載する情報、たとえば写真や文字情報で個人を特定されるようなものの掲載は避けること。そしてブログの内容も、無意識でも人を特定したり、人を傷つけるようなことは避けてください。

そんなつもりはなくても、邪推や誇大解釈によって攻撃してくる人もいますので、まずは誹謗中傷などを見つけたら、冷静に対処するようにしましょう。

コメント欄使用の注意

ほとんどの場合、コメント欄に執拗にコメントをしてくる場合が多いです。ただしお互いに匿名なので、真摯に捉えることはありません。

もしどうしても誹謗中傷をみたくない場合はコメントを非表示にすることも可能ですが、圧倒的に好意的なコメントがあってもそちらも見られなくなれますし、お互いに交流を楽しみにしているのに交流できなくなってしまうというデメリットがあります。

誹謗中傷、悪口対策

まずは誹謗中傷してくる人に関しては、一度読んでみて、客観性に欠けるという判断をしたら、反論などしようとしないですぐに削除するようにします。

そうすれば精神衛生上いいですし、その上あなたのブログなのですから、みたくない人はあなたのブログを読まなければいいのです。

それでもしつこく読んで悪いコメントをあげてくるというのは、あなたからのコメントが欲しくて仕方ないのです。そうした相手心理を考えると、やはり最善の方法は無視か削除ということになるでしょう。

ブログの内容自体が犯罪になるケースは別として、あなたのブログはあなたのものです。言論の自由がありますので、心ない誹謗中傷によってブログ閉鎖を招く必要はありません。


関連する記事:

対策会社に聞いてみた
メニュー