誹謗中傷対策の手引き  > 対策をしてくれる専門の会社に聞いてみました

対策をしてくれる専門の会社に聞いてみました

対策をしてくれる会社に聞いてみた

ネットで誹謗中傷されたときの対処法として専門業者に依頼した場合に「どんなことをしてくれるのか?」を調べてみました。

最初に、対策会社のホームページを参考にしてどんなサービスがあるのかを調べてみることに。

業者は、「誹謗中傷対策会社」と検索して探し、1つ1つホームページを見ていきながらどんな対策があるのかを調べていきます。20社程度しらみつぶしに調べての感想は、

「う~ん、イマイチわからない・・・」

わからないというよりかは、わかりずらいというべきか。

説明はどこも似たりよったりというか、「どんなことをしてくれるの?」「どのくらいの費用がかかるの?」がいまいちわからない。一番知りたいことなんだけど...。

2ちゃんねる、ミラーサイト、掲示板、ブログ、サイト、SNSなどの誹謗中傷の対策などがあることはわかったものの、いまいち違いがわからない・・・。

そこで、電話で問い合わせてみることにしました。

実際に聞いてみて、

「個人」よりも「法人」が対象の会社が多い

ということ。

個人は受け付けていないということではなく、対策は個人であろうと法人であろうと同じことをするため費用は「個人」「法人」の区別がない会社がほとんど。個人で払うには高額なため、個人の場合は自分で対処するしかないのかもしれません。※方法はこちらで紹介しています

また担当者と話をする中で、

問い合わせする側も多少は知識が必要かもしれない

ということ。

ネットに関する基礎知識がないと業者のホームページを見てもよくわからないし、電話で問い合わせをしてもピンとこないと思うのです。

知っておきたい最低限の知識についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

2017年2月追記

昨今のFacebook、TwitterなどSNSによる書き込み、拡散による被害も増え、ネットの風評被害は細分化しているようです。また、それらの対策に対応する業者も年々増えているようです。怪しい胡散臭い業者もあれば上場する企業まで様々です。全部を精査することは難しいでしょうが、得意・不得意を見極めは大切です。

下記の5項目の対策別にお勧めの業者が書いてありましたので、参考までに紹介しておきます。風評被害対策をしてくれる会社を比較

  • 2chに対応できる会社
  • ブログ、掲示板の書き込みに対応できる会社
  • 逆SEO対策ができる会社
  • 書き込んだ人物を特定することに対応できる会社
  • 誹謗中傷や風評の監視に対応できる会社

知っておきたいネットの知識1

誹謗中傷された書き込みはどこに書かれたのか?大きく2つに分かれます。

掲示板とブログ

掲示板とは2ちゃんねるをはじめとした掲示板。このサイトは不特定多数が勝手に書き込むことができるサイトです。一方、ブログと呼ばれる個人で所有するサイトがあります。当然書き込みは運営者しかできません。その他、Twitter、FacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などもあります。

知っておきたいネットの知識2

掲示板といえば「2ちゃんねる」が有名だが、2ちゃんねる以外にも転職系、業界系、Q&A系の掲示板などたくさん存在する。

掲示板

2chの姉妹サイトやコピーサイト(ミラーサイトという)だけでなく、そっくりに見えても2chではない掲示板(管理者が違う)まで存在して複雑だ。

ブログは大きく2つに分かれる。アメブロを代表とする無料ブログ。簡単しかも無料でつくることができる。もう1つが独自ドメインのサイト。有料のドメインをわざわざ取得してサイトをつくっているわけだ。

ブログ

掲示板と無料ブログは無料で利用しているため、書き込みをした人物とサイトの管理人は別人である。独自ドメインでブログを運営している場合は、書き込みをした人物とサイトの管理人は同一人物となる。

知っておきたいネットの知識3

掲示板の書き込み対策は3つあります。

掲示板の対策

「埋め立て」とは2ちゃんねるや一部の業界系掲示板などで使う手法です。誹謗中傷の書かれた掲示板に別のコメントを書き込むことで表示しないようにします。(2014年2月より2chの様式変更のため埋め立てができなくなった模様)

ブログの対策

対策を依頼する側からすると削除したいわけですが、そう簡単な話ではないようです。消せるケースもあれば消せないケースもあるようで「逆SEO」も駆使して人の目にふれないようにするようです。

話を聞いていく中で、対策の方法は業者によっても異なることがあるとわかりました。各社のノウハウの部分なので当然といえば当然ですが。することが違えば費用だって違う。親身に対応してくれる業者探しの重要性を感じました。

あとPマーク(プライバシーマーク)を取得していない会社が多いことに驚きました。個人情報を扱う会社としてどうなんだろ?不安材料の1つではあります。

あくまで個人的な印象にすぎませんが、問い合わせをした中で印象の良かった会社について紹介をしておきます。問い合わせする側のスキルによっても対応、印象は異なるでしょうからご自身でお確かめてください。

会社名 ニコニコ度
印象 連絡先
ソルナ株式会社

対応者:女性。丁寧にゆっくり説明してくれて話しやすく安心感があった。費用の説明も事例ごとにわかりやすかった。

その他:動画による説明もわかりやすい。対象が法人のみらしい。Pマーク取得のため安心。

参考URL:再発防止までを考えた対策方法とは?

0120-934-515
公式サイト
株式会社ジールコミュニケーションズ

対応者:男性。丁寧に説明してくれて好印象。説明に専門用語が多くて専門知識がある人にはよい。ない人にはわかりずらいかも。

その他:Jリーグ柏レイソルのユニフォームスポンサー

参考URL:社長の著書

03-6436-3966
公式サイト
株式会社エーディーシー

対応者:男性。関西の会社。こちらから聞いたことにはちゃんと説明してくれる。聞きたいことをまとめておく必要がある。

0120-979-990
公式サイト

問い合わせをして印象がいまいちな会社もあったので参考までに。

印象 ニコニコ度
応対者:男性。営業営業した感じで印象悪い。電話が携帯に転送になり、周りがうるさいのか怒鳴るような口調だった。相談に乗ってくれるというよりも、一方的に言いたいことを話している感じがした。
応対者:男性。費用は「電話では」と言葉を濁して全然教えてくれない。最後まで名前も名乗らず、感じは良くない。名前を教えてくれない会社はここだけ。
応対者:男性。他社を意識してのことか実績が多い、社員数が多いというアピールが激しい。「他社は実績を水増ししている」などのコメントもあり、やや不信感を感じた。
応対者:男性。やる気なさそうで覇気がない。誹謗中傷の対策がメインの業務ではない感じだった。ホームページの内容と随分と違う気がした。
何回かけても担当者が不在で直接は話が出来なかった。受付の人に分かる範囲で聞こうとしたが、折り返しますの一点張りで教えてはくれなかった。
メニュー
最近の記事